人気サイトRANKINGツーショットダイヤル厳選
シュガーズクラブのバナー

人気NO.1のツーショットサイト!

地域の出会いに力を入れている地域密着型サイト!検索機能が充実しているので出会い率がハンパない!
今なら最大60分無料通話サービス!登録はお早めに♪

ハニーラインのバナー

リアルな出会いも充分射程圏内!

テレフォンセックスはもちろん、リアルな出会いも提供しているおすすめサイトがコチラ!
電話エッチを堪能した後、実際に会ってデートというコースが大半です☆

スイートコールのバナー

最近話題沸騰中!!

最近人気が出てきています。 その理由は使いやすさと、出会いの実績。 サイト内の機能を使えば、素人でも簡単に、経験豊富な好みの女性と出会えること間違いなし。

ももこのバナー

サイト内コンテンツも大好評!

ご近所の相手と繋いでくれるサービス実施中!距離が近いと直接会える確率もUP!
プレゼントなども準備していてユーザーに優しい!ラッキーコードを要チェック☆

MAXのバナー

口コミで人気が広まっている優良サイト!

某雑誌掲載をきっかけに口コミで人気急上昇!今最も勢いのあるサイトです☆
女性の質が高いという事もあり、競争率はやや高め!試してみる価値は充分あります♪

テレフォンセックスは楽しいんです!

「性の営みは夜」と決めてしまってはもったいないことです。時間的に日中しか余裕のない人もいます。そんな人たちも結構、ツーショットダイヤルでテレフォンセックスを楽しんでいます。OLや学生が趣味、という人は無理でしょうが、熟女や人妻系の女性とは接点があります。「日中だと話題が限られる」という人もいますが、そういうことはありません。かえって、白日の下でセックスに関する話題を取り上げることによって、より興奮することもあるのです。既成や固定概念を捨てれば道は開けます。

テレフォンセックス時の初対面シーンでは、紳士的に話したいものです。ぶっちゃけ・ラフスタイル・ため口で会話してくる人も見られますが、これはいい感じを受けないでしょう。相手もそれを望んでいると言った場合は別として、初対面からため口では偏差値を疑われます。「終始紳士的に」とはいかないまでも、紳士的な態度は相手の信頼を受けることができます。

余計な質問はNGです。テレフォンセックスをするためにツーショットダイヤルで電話をかけているのですから、年齢や職業を聞くことはないはずです。身元調査や職務質問ではないのですから、年齢や住所など聞く必要はありません。仲良くなったその後ではいいでしょうが、のっけからは止めましょう。質問ばかりの人が、時々顰蹙を買っているようです。

リアルなセックスでは、相手女性のあえぐ声をじっくり聞いたことってありますか。自分の行為だけに夢中になって、相手女性が崩壊していく様子など、目に入らないのではないでしょうか。しかし、テレフォンセックスでは電話が全ての情報源ですから、電話口からの音や声だけが頼りです。聞き漏らすまいと必死になりますから、実際のセックスより相手女性の声や音に敏感になります。これがテレフォンセックスの醍醐味と言えるのです。

時には積極的にテレフォンセックスを楽しむ努力が必要です。相手女性の好きなセックスプレーや感じる場所を聞いていきます。面と向かっていない強みが、ここで発揮されることになります。面と向かっては聞けないことも、電話では聞くこともできます。妙に恥ずかしがったりしていてはいけません。相手女性の気持ちのいい場所を積極的に聞き出して、そこを攻め上げましょう。「もうこんなに濡れている」というような実況放送も効果があります。相手女性は、距離的には離れていることを実感しているのですが、「しっかり見られている」ことを認識して興奮することでしょう。

テレフォンセックスの利点は、地域ごとのセンターを通じたチャットレディとの会話となることが多いので、ローカルな会話で盛り上がって、「会おうよ」ということにも発展しがちです。また、直アドなども聞きやすく、サイトを省略して出会うことも可能となります。結局、時間も金もかけずに出会いまでいってしまうこともあります。

テレフォンセックスを数回こなした相手には、自ずと親近感が沸きます。会ってみたい衝動に駆られることがあります。どうしたらいいのでしょうか、というサイトがありました。テレフォンセックスは基本が電話での会話です。「会う」という想定はありません。だから会わない方がいいという意見と、いや会うべきだと言う意見がありました。会わない方がいい派は、電話でうまくいっても実際はどうか分からない、という考え、一方、会うべきだ派は、テレフォンセックスがうまくいったのならば、実際のセックスもうまくいくはずだ、という考えでした。

人間誰しも、未来には希望を持ちます。相手女性も会う事を希望しているならば会うべきだと思います。実際会って「こんなはずでは」と思うことを恐れていては、何をすることもできません。「やはり、こういう設定になったなら男として会うのが……」と考えていたら、「このごろのテレフォンセックスサイトの女性は皆いい女」という書き込みに出会いました。行くところまで行ったほうが、踏ん切りがつこうというものかもしれません。

「女性には優しく」と説いているサイトは数多く見られます。それでも利己主義的な男性が数多くいることの裏返しなのでしょうか、サイト側の注意を受ける客もいるようです。「ポイントがかかっているから、元を取らなきゃ」というせこい考えからでしょうが、初めから挨拶もなしでテレフォンセックスに励む猛者もいるとか。サービス業・接客業には30パーセントほどのモンスター客がいます。大体が臆病でおつむが悪く民度の低い連中で、昔は「三一(さんぴん)」と言って卑しめました。「金を払えば客だ」という声が聞こえてきそうです。

反対にどんな男性が好かれるかを見ていくと、普通の人にぶつかってしまいます。テレフォンセックスでは男性のほうが「早く行って」しまいます。つまり女性は置き去りに合ってしまうのです。そんな女性の為に、「行く」のを合わせてくれるのが優しい人なのです。それにアフターセックスに時間をかけてくれる人も好かれます。「出てしまうと」電話を切る人もいるという事でした、何ということでしょう。

女性がやって欲しくない事はやらない、やって欲しいことだけやってくれる、そういう人が好かれるのは当たり前です。複数回あわなければ直アドなどは聞かない。
こういうことも当たり前です。女性の話をメインに聞き、自分のことは聞かれたら話す、これも当たり前です。書かれていることはいちいち当たり前なことばかりですが、それでもサイトに載っているという事は「三一」が意外と多いのでしょうか。

普通の教育・普通の常識で判断が付くはずなのですが困ったものです。何をするにも楽しくいきたいものですが、ごく少数の者のせいで叶わないこともあります。